その他

緊急事態宣言で休業・縮小する個人起業家が行なうべきたったひとつのこと

こんにちは、瀬尾です。

新型コロナウィルスの影響あなたには出ていませんか?
影響が小さいといいのですが。

私のクライアントは主にBtoCで商売している方、特に女性向けに商売されている方が多いです。

そうするとクライアントの中には
「お客さんが来ないので思い切って休業しましたが、今月の売上の目処が立っていません…」
なんて状況の方もいます。

(個人的な印象ですが、女性の方が外出に強い抵抗があるような気がします)

きっとこれを読んでいるあなたも、もしかしたら危機的状況を感じていたり

「今はまだ大丈夫だけど、このまま続くと数ヶ月後が不安、、」

なんて思っているのではないでしょうか。

本当に、今は精神的にもとても不安になる状況だと思います。

コロナショックが招いたもの

コロナショックで失ったものは

・売上
・営業時間
・新規獲得チャンス

とたくさん思い浮かぶかもしれません。

「コロナのせいで、、、」
と泣き言を言いたくなるときもあると思います。

私もセミナーを前日に中止にした時は
「コロナのせいで、、」
と、泣き言も言いました。

しかし、泣き言を言い終わったら私たちは前を向いて考えないといけません。

私たちは
『コロナで得られたものは何か?』
に目を向けるべきです。

私は、私たちが今回得たものとは「時間」だと思います。
そして、我々個人起業家にとって、時間とはお金です。

今回得たこの時間を、無駄にしないためには何をしたらいいのかを、よく考えなければなりません。

生き残るための唯一の戦略

「こんなことが起こるなんて考えてもいなかった!
今からでもリスクに備えたビジネスにしたいです」

と、あるクライアントに言われました。

本当にその通りだと思います。

今回のような感染症は人の移動が増えた現代社会では、今後も流行するでしょう。

また、感染症以外にも日本は災害大国です。
地震、津波、豪雨災害、、、

言い換えれば、店舗からお客さんが消えるリスクはいつでも存在するということです。

私たちは手に入れた時間を使って

『どうしたらリスクに強いビジネスにできるか』

を今からでもよく考えるべきです。

今この状況で私のクライアント達に

・減った売上の補填
・リスクに強いビジネスを作る

この二つを実現させる手段は『コンテンツ販売』だと確信しています。

失った売上を補填する

売上の補填の話は簡単です。

『コンテンツ販売』とは、あなたの知識や経験などを動画や音声、PDFなどにしてまとめて、販売することです。

コンテンツを作るには、ちょっとした手間がかかりますが、、

幸い私たちは時間を手に入れました。
作るのにはいい機会だと思います。

出来上がってさえしまえば、あとは売るだけです。

労働集約ビジネスは売上に比例して忙しくなりますが、コンテンツ販売は売れても手間は全くかかりません。

Web上で販売でき、メールなどで納品できるので、外出自粛中でも販売が可能です。

だからこそ、お客さんのニーズを探ってうまく売ることができれば、売上の補填ができるでしょう。

ここまでは普通に想像つくと思います。

気になるのは、
「なぜコンテンツ販売がリスクに強いビジネスにつながるのか?」
だと思います。。

リスクに強いビジネスの二つ条件

真にリスクに強いビジネスの二つの条件とは

①売上が安定的であること
②お客さんとの関係が濃いこと

だと思います。

売上が不安定なビジネスはそもそもリスク以前に危ういです。

また、今後人口減少の社会では新規獲得が難しくなってきます。
ということは、いかに一人のお客さんと長く付き合うかが重要になってきますから、お客さんとの関係が薄いビジネスは厳しくなってくるでしょう。

コンテンツ販売は、このどちらの条件にも対応し、あなたのビジネスをリスクに強くしてくれる手段になり得ます。

リスクに強い条件1:
売上が安定的である

まず、売上が安定的というのは意外と難しいです。

セミナーの参加者にインタビューをしたり、メルマガ読者に対してアンケートをした結果、うまくいっている個人起業家でも

『単発で売り上げることはできるが、安定的に売り上げることができない』

という根本的な問題を抱えていました。

だからこそ、今回のように少し世相が変わると大きく影響を受けてしまいます。

お金をもらって新規集客?

売上が安定しない原因は、広告を毎月定期的に出していないからです。

広告にいくらかけたら、何人集客できて、いくらの売上になるのか?

これを算出すればいいだけで、広告は怖いものではありません。

しかし、そうはいっても怖いものは怖い。
それならコンテンツ販売を挟みましょう。

普通は、広告は「お金を払って」新規集客をしますよね。
だから広告が怖いんです。

それがもし、「お金をもらって」新規集客できるとすれば?
きっと怖くないと思います。

売れるコンテンツさえあれば「お金をもらって」新規集客ができます。

お金をもらって広告費を稼いだ事例

あるジャンルでスクール事業を行なっているクライアントが、動画教材を販売することにしました。

この動画教材が「動画コンテンツ」です。
販売価格は約1万円でした。

初月はまだスクールに通っていないメルマガの読者に販売したところ、3人にコンテンツが売れました。
3万円の売上です。

その3名全員が体験講座に来店しました。

つまり、3万円”もらって”3人集客できたのです。

ちなみに広告で体験講座に集客すると、1人集客するのに5000~1万円ほどのコストでした。

つまり、普通に広告を出せば2万〜3万円”払って”3人集めるところを、
コンテンツ販売を挟めば3万円”もらって”3人集めることができる
んです。

ここがコンテンツ販売のポイントです。

スクール事業は購入者に対して人手と時間をかけて講座を提供しますが、コンテンツ販売なら売り切りです。

簡単にいうと売れた後の手間がない、制作もほぼゼロコストで作れるので、全額広告費に回せます。

なので次月はこの3万円を広告費の足しにして、ひたすら広告でコンテンツ購入者を集めます。

すると、雪だるま方式にコンテンツ購入者と売上が増えスクールの売り上げが安定しました。

リスクに強い条件2:
お客さんとの関係が濃い

お客さんとの関係が濃ければ、ピンチの時に支えてくれたり、危機が去った後に戻ってきてくれるはずです。

今回のコロナショックも、お客さんとの関係を試されていると思います。

・売上を安定させること
・お客さんとの関係を作ること

リスクに強いビジネスの二つの条件をどちらも満たせるのがコンテンツ販売です。

しかもコンテンツをきっかけに、お客さんとの関係も深めることができます。

「先生のオススメするものならなんでも買います!」

これは先ほどのスクールにコンテンツ経由で来た生徒さんが言った言葉です。

なぜこんなことが起こるのかといえば、コンテンツを見てスクールに対する信頼感がある状態で体験講座に来るからです。

コンテンツが良質であれば、第一印象が良いので

「ここのスクールは信頼できる」
「ここに任せたら自分の問題はきっと解決する」

と言う心構えで来てくれます。

また、成約率も上がります。

先ほど3万円もらって3人集客した話をしましたが、なんと、この3人中2名が本講座を購入しました。
成約率67%です。

これは、すでにコンテンツでお客さんが商品やサービス、会社のことを信頼してくれたからこそです。

もちろん成約率が上がるだけではなく、一度購入された方に長く通っていただけます。

お客さんとの関係を濃くできるきっかけにしやすいです。

このようにコンテンツ販売では

・安定的な集客と売上
・お客さんとの関係

を手に入れることができリスクに強いビジネスを作りやすくなります。

まとめ

コンテンツ販売は

①コロナショックの売上の補填
②リスクに強いビジネスの条件
・売上が安定している
・顧客との関係が濃い

以上のことが実現できます。

①については、Webで売ってWebで納品するので、外出自粛も関係ありません。
幸い企画を作る時間はできましたから、チャレンジしてみることをオススメします。

②については、少し中長期的な話です。

広告費を稼ぎながら新規集客をする仕組みを作れば、客数が安定して売上が安定します。

また、コンテンツをきっかけに取引が始まったお客さんは、信頼関係の出来上がった状態で初対面を迎えているので関係構築が楽になります。
経験上、成約率が上がり、長くお付き合いできるようになります。

だから今こそ、コンテンツ販売が有効だと考えています。

【無料セミナー】安売り集客をやめる5ステップ

「集客サイトでクーポン集客に頼りきり…」
「安売り集客だといいお客さんが少ない…」
「価格競争がしんどい…」

そんな経営者に向けて

『安売り集客を脱する5ステップ

という動画セミナーを無料で公開しています。

安売りをやめたいけど
何から始めていいかわからない!


そんなあなたは
いますぐ下のボタンをクリックして
詳細を確認してください!


 

完全無料で動画を見る

コメントを残す